Home » [国内研修]募集案内要項 » [原子力エネルギー技術者の養成]原子炉研修一般課程

[国内研修]原子力エネルギー技術者の養成

第79回 原子炉研修一般課程(前期)

講座の概要

本講座は、原子炉工学等に関する幅広い基礎知識と運転管理に関する応用知識の習得を目的とし、「前期(2~3ヶ月)」と「後期(3~4ヶ月)」に分けて実施します。

「前期」は原子炉主任技術者試験の筆記試験対策にも対応し、行政庁の検査官育成等を目標とします。

「後期」は研究用原子炉施設における実務研修を主に行いますが、現在、研究用原子炉が稼働しておりませんので、しばらく「後期」の開催はありません。

主な対象者

原子炉施設に係る実務経験を有する方で18歳以上の方を対象に行います。

受講に必要な基礎知識等

  • 大学の理工系学部卒業程度の学力を有すること。

開催日、会場、募集人員及び受講料

開催日7月1日 ~ 8月30日(期間中、8月中旬に3日間程度休講となります。)
申込締切日第Ⅰ期開始日の1か月前
会場原子力科学研究所 原子力人材育成センター
募集人員12名
受講料584,280円

主な内容(括弧内は単位数、1単位70分)

1.講義(136)
原子核と放射線(7)
原子炉物理(29)
原子炉工学(24)
燃料・材料(19)
原子炉各論(16)
原子炉各論(16)
放射線防護・計測・バックエンド(18)
安全性(12)
法令、その他(11)
2.演習(12)
原子炉物理・動特性(4)
原子炉工学(6)
放射線(2)
3.実習と実習ガイダンス(38)
放射線(5)
原子炉物理・動特性(9)
原子炉工学(14)
原子炉シミュレータ(10)
4.その他(12)
原子力施設見学(8)
オリエンテーションほか(4)
[原子力エネルギー技術者の養成]原子炉研修一般課程

沸騰熱伝達実習

(都合により単位数を変更することがあります。)

PageTop