Home » [国内研修]平成29年度募集案内要項 » [原子力エネルギー技術者の養成]第77回原子炉研修一般課程

[国内研修]原子力エネルギー技術者の養成

第77回原子炉研修一般課程

コースの概要

本コースは、原子炉工学に関する幅広い基礎知識の習得を目的とし、原子炉主任技術者試験の筆記試験受験対応や、行政庁の検査官育成を目標とします。

全体で2ヶ月のコースを前半の第Ⅰ期と後半の第Ⅱ期に分けます。第Ⅰ期は、原子炉工学の基礎分野に関する理論の集中講義の期間とします。第Ⅱ期は、原子炉工学の応用分野や周辺分野の講義に加えて、演習や実験実習を実施します。

第Ⅰ期と第Ⅱ期を通しての受講が望ましいですが、希望者には第Ⅰ期のみの受講も可能とします。第Ⅰ期のみの受講は「原子炉工学基礎講座」として開催します。

主な対象者

原子炉施設に係る実務経験を有する方。

開催日、会場、募集人員及び受講料

開催日 全 期:7月3日 ~ 9月1日(期間中、8月中旬に5日間程度休講となります。)
第Ⅰ期:7月3日 ~ 7月28日
第Ⅱ期:7月31日 ~ 9月1日
申込締切日第Ⅰ期開始日の1か月前
会場原子力科学研究所 原子力人材育成センター
募集人員12名
受講料541,080円(第Ⅰ期のみ:236,520円)

受講に必要な基礎知識等

  • 大学の理工系学部卒業程度の学力を有すること。

主な内容(括弧内は時間)

第Ⅰ期 1.講義(102.8)
原子核と放射線(8.2)
原子炉物理(32.7)
原子炉工学(25.7)
燃料・材料(22.2)
原子炉各論(14.0)
第Ⅰ期 2.その他(5.8)
原子力施設見学(2.3)
オリエンテーションほか(3.5)
[原子力エネルギー技術者の養成]原子炉研修一般課程

沸騰熱伝達実習

第Ⅱ期 1.講義・演習(60.6)
放射線防護・計測・バックエンド(21.0)
安全性(14.0)
法令、その他(12.8)
演習(12.8)
第Ⅱ期 2.演習と実習ガイダンス(52.5)
放射線(11.7)
原子炉物理・動特性(10.5)
原子炉工学(12.8)
原子炉シミュレータ(17.5)
第Ⅱ期 3.その他(5.8)
原子力施設見学(3.5)
オリエンテーションほか(2.3)

(都合により時間数を変更することがあります。)

PageTop